前へ
次へ

賃貸マンションは快適に住める

分譲賃貸マンションは基本的に長い間快適に住める、一般客に売却すること前提に設計されています。
そして住民が2~3年で入れ替わる賃貸マンションに比べて共有部が供給だったり、管理人しっかり常駐しているなどいろいろな面ですぐれるケースが多いです。
そして駅前や駅直結など好立地にあることがおおくて通勤時間短縮して生活にゆとりもたせられます。
そしてふつう分譲マンション買うとなれば、固定資産税払うことになりますが、あくまで賃貸で固定資産税かからないです。
そして、デメリットは物件数とてもすくなくて家賃高くて入居審査が厳しいことです。
そして分譲マンションは一生の住まいで購入する方大半であり、分譲マンションを賃貸として他人にかし出す理由もオーナー都合によるところが多いです。
そして最近少ない元手で気軽に始められる、老後へ不安などからワンルームマンション投資が過熱していて、単身者用の分譲マンション増えています。
そして、いろいろなメリットある分所賃貸ですが、おとり広告で使われるケースがよくあり、これは実在しない架空物件を客寄せで広告で打ち出しています。
よくあるおパターンとして実在しない分譲マンションをネット掲載して、来店事実は定期借家といってから、デメリットを説明などです。

Page Top